農畜産物

秋のわずかな期間しか採れない、希少な山の幸

四方竹

四方竹情報

主な産地

高知地区土長地区

高知の秋の味覚で欠かせない「四方竹」。全国でも珍しく秋に生えてくるタケノコで、切り口が四角形なので「四方竹」と呼ばれており、県内の一部の山間部で栽培・収穫しています。中国南部原産の多年生常緑竹で、高知県に入ってきたのは明治10年頃。南国市白木谷の人が中国から持ち帰ったのが栽培の始まりだと言われています。春に旬を迎えるタケノコとは大きく違い、細長くて、キレイな黄緑色をしています。収穫時期は10~11月上旬で、ゆでてアク抜きしたものを出荷しています。

保存方法は、ゆでてアク抜きしてありますが、早めに調理してください。また、冷蔵庫に入れる場合にはポリ袋に入れ、消費期限を確認し利用してください。

四方竹の収穫時期

123456789101112

単位:月

もっと四方竹!情報!